奥井歯科医院は予約制です。患者さま1人1人に十分な診療時間をお取りして、優しく、痛くない治療を目指しています。

〒380-0824 長野県長野市南石堂1298-18
JR長野駅 善光寺口より徒歩7分/タクシー3分

診療時間

午前:9:00~13:00
午後:14:30~17:30
(最終受付17:00)

休診日

土曜午後・日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちら

026-227-5224

Cosmetic dentistry

審美歯科治療(保険外の詰め物・被せ物)

当院では保険治療を主体的に行っています。その理由は、患者さまの治療費の負担を大きく減らすことができるからです。しかし、保険治療では治療方法に制限があるために、美しくなりたいという患者さまの希望を叶えられないことがあります。審美歯科治療では、主に保険外治療により、美しく、そして長持ちする詰め物や被せ物を行います。

心からの笑顔で過ごすための口元づくり

審美歯科の特徴

保険で奥歯に冠を入れる場合、通常は金銀パラジウム合金でできた銀色の金属冠を装着します。金属冠は丈夫ですが、色が目立ってしまいます。保険で前歯に冠を入れる場合は、表側に白いプラスチックを貼った金属冠(硬質レジン前装金属冠)を装着します。金属を用いると透明感がなくなるため、健康な歯とは見た目が大きく異なります。また、プラスチック部分は時間が経つと黄色く変色してしまいます。

実は、見た目が悪くなったために、大きく口を開けて笑うのが嫌になってしまったとおっしゃられる患者さまはたくさんいらっしゃいます。

保険治療にはルールがあるため、上記のように使用できる材料が限られてしまいます。しかし、保険外治療(自費治療)になると、様々な優れた材料を使うことができます。審美的な材料として、セラミックスがあります。セラミックスは、時間が経ってもほとんど色が変わらずに美しさを長く保つこと、金属アレルギーの心配がないことより、保険外治療の主流となっています。セラミックスと言っても、いろいろな種類がありますので、症例によって使い分けます(下記の表を参照してください)。審美的ではない保険外治療の材料としては、金合金があります。金合金の詰め物は、適合が良いために二次虫歯(詰め物を入れた歯に新たにできる虫歯)ができにくく、虫歯になりやすい患者さまの奥歯にお勧めです。

保険外の治療ならではのこだわりもあります。例えば、審美性が重要な場合は、歯の写真を撮って、画像解析ソフトにて分析を行います。また、型取り材やセメントは、保険外治療専用の優れたものを使用しています。

患者様は、保険治療・保険外治療の両方について説明を受け、自らの意思で治療方法を選ぶ権利があります。保険外治療については、患者さまからご相談があれば、どのような材料が適しているか、費用はどのくらいかかるかなどについて、ご説明します。その結果、保険外治療を希望された場合には、治療方法や治療費を正確に記した同意書を作成して、患者さまにサインをいただいたうえで、コピーをお渡ししております。同意書は、ご家族の方との相談にもご活用ください。サインをいただいた後も、実際に治療が始まるまでは、治療の変更はいつでも可能です。安心して治療を受けてください。

豊富なプランをご用意しています

保険外治療に使用される材料には多くの種類があり、それぞれが異なる長所を持っていますので、患者さまと相談しながら治療方法を決めていきます。例えば、前歯なら主に見た目を重視し、奥歯なら適合や丈夫さを重視してご提案します。患者さまにとって最良となる治療方法を選ぶための一助になれればと考えております。

費用は、被せ物の場合、1本につき7万5千円~8万5千円(税抜)です。詰め物の場合、1本につき5万円(税抜)です。保険外治療では、より良質な医療を提供することができます。保険治療よりは費用がかかりますが、その分、患者さまに満足していただける自信があります。

※ 治療費は変更されることがあります。

e.max press

(ステイニング法)

従来のセラミックスよりも丈夫なセラミックスを使用するため、欠けにくいのが特徴です。特に奥歯に適します。

e.max press

(レイヤリング法)

表面に従来のセラミックスを盛ることにより、ステイニング法よりも色を良くします。欠けにくさはステイニング法の方が優れています。特に前歯に適します。

フルジルコニア最も丈夫なセラミックスであるジルコニアを使用しているため、強い力がかかる場合や、奥歯にブリッジを行う場合に適します。表面までジルコニアでできているため、欠ける心配はほとんどありません。

ジルコニア

(レイアリング法)

ジルコニアの表面に従来のセラミックスを盛ることにより、色を良くします。欠けにくさはフルジルコニアの方が優れています。特に前歯に適します。
メタルボンド金属の冠の表面に従来のセラミックスを盛っています。奥歯のブリッジも可能です。色は、セラミックスだけでできた歯よりは劣ることがあります。奥歯のブリッジはジルコニアでも可能なため、メタルボンドの出番は少なくなってきています。
金合金金合金は通常18K~20Kのものを使用します。審美的ではありませんが、詰め物の場合は、セラミックスや、保険で使用される金属よりも適合が良く、2次虫歯へのなりにくさという点で優れています。見えにくい奥歯の詰め物にお勧めです。

審美歯科の流れ

検査

検査器具やレントゲンで、歯の状態を調べます。歯の土台の状態が悪い場合や、歯周病が進んでいる場合は、先にそれらの治療を行います。

治療計画の説明

豊富なプランの中から、患者さまに最良となる治療方法をじっくりと相談しながら決めていきます。

歯の形を整える、型取りする

拡大鏡下で精密な治療を行います。美しく自然な色の詰め物や冠を作るため、お口の写真撮影が欠かせません。

詰め物や冠を装着

詰め物や冠を装着します。噛み合わせの調整がとても重要です。

定期検診

美しい歯を長くもたせるため、定期的な検診とクリーニングを受けることをおすすめします。

お問合せ Contact Us

026-227-5224

FAX:026-227-5386

 

診療時間

月~金(Mon-Fri):9:00~13:00/14:30~17:30

土(Sat):9:00~13:00

お電話は、上記の診療時間内にお願いします。ただし、朝は8:45から電話応対しております。

English

診療時間

診療日
 
午前×
午後××
診療時間

9:00~13:00/14:30~17:30
(一番遅い予約枠は、17:00頃からです)

休診日

土曜午後・日曜日・祝日
 

※不定期に休診日を設けています。トップページのお知らせでご確認ください。

ご予約・お問合せ

お電話は診療時間内にお願いします。ただし、朝は8:45から受け付けております。

026-227-5224

026-227-5386